新小岩 動物病院 | ベルノス動物病院について > ご挨拶

ご挨拶

はじめまして。ベルノス動物病院の公式ホームページへようこそ。

当院は、平成4年2月に葛飾区・東新小岩の地でその産声を上げました。開院初日、小さなマルチーズを抱いた、最初の飼い主さまが当院に足を踏み入れたそのとき、それまで張り詰めていた空気が一瞬緩み、私の心の中をひと筋の風が吹き抜けていきました。それは、かつて感じたことのなかった昂揚感でした。その瞬間に、ベルノス動物病院は、いやしくも地域の動物医療を担うエキスパートとして、活動の息吹きを与えられました。
以来、今日(こんにち)に至るまで、おそらくインフォームドコンセントなどという言葉が一般的になるずっと前から、“よく説明し、十分に理解していただく”獣医療を心がけてまいりました。

人は誰しもが、動物を愛する気持ちや慈(いつく)しむ心を持ち合わせています。ともすれば、病気やケガをした動物を病院にお連れになる行為自体が、程度の差こそあれ、飼い主さまの自己犠牲の上に成り立っているものと考えられます。それは、飼い主さまの時間であったり、労力であったり、しばしば金銭的な損失であったりします。そんな飼い主さまの麗(うるわ)しくも煌(きら)らかな優しさと、動物たちの小さな命の重さを尊重しながら精一杯のお手伝いをすることが、私たちに課せられた使命であると考えています。
私たちは、今ここに、心をこめて動物たちの治療にあたらせていただくことを、お約束いたします。

このウエブサイトを通じて、私たち自身のこと、私たちの動物医療に対する考え方の片鱗を少しでも感じ取っていただければ幸いです。
せっかくの出会いです。どうか私たちのこの扉をたたき、何でもご相談なさってください。
扉はいつでも開いています。

ベルノス動物病院 院長 伊東秀行